このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ワインのたしなみ方

*古代ギリシアの医者、ヒポクラテス。

彼はワインを万能薬として色々な病気に使用していたと言われています。「ワインは薬の中でも最も有益なものである*」との言葉も残しています。特に赤ワインには、ブドウ皮の色素成分であるアントシアニンやリスベラトロール、渋みのもととなるタンニン、カテキンといったポリフェノールを多く含んでおり、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化などの病気を防ぎます。また、がん・老化の予防にも効果を発揮します*

 

 

少し話は変わりますが、ワイングラスをクルクル*と回す場面をどこかで見られたことはありませんか*あれは格好良く飲むために行っているのではありません*ちゃんとした理由があるのです*グラスを回すことでワインを空気に触れさせて酸化させています。そうする事で、味にまるみが出るそうです。ちなみに、そのような行為を専門用語では『スワリング』と言います*

 

 

皆さんも一度グラスを回す前と後で味がどう変わるのか試されてみてはどうですか*

2012.08.20 (月)

カレンダー

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ますだ薬局グループホームページへ