このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 連日メディアに溢れる健康食品やアンチエイジング関係の宣伝を見ていると、今の世の中「健康」は ブームと言うより絶対不可侵の価値観になっていないでしょうか* 

 

私自身は一種のマジックワードだと感じていますが、健康とはあくまで手段であって目的ではないと思っています。

つまり「何々したい。だから健康でありた」と。これが本来の関係で、むしろこの「何々がしたい」が人生を生きる上では重要になるのではないでしょうか?これを間違えて健康が目的になると、勝ち目のない戦いに挑むようなものです。

 

そもそも障害を持って生まれてきたり、大病を患ったりあるいは検査値が基準値を超えたら、もうその時点で健康ではなくなるのでしょうか?


 順天堂大学の島内憲夫教授は、健康を

「たとえ病気や障害を持っていても、いきいきと生きている、生きようとしている状態」と定義しています。

 

 この定義に従えば、大病を患っても人生の最期の直前まで「健康」でいることができます。健康でいるために検査値の上下に一喜一憂する必要もなくなります。


 先月ご紹介した中村仁一先生は著書の中で

「年をとれば、どこか具合が悪いのが正常なんです。万一、年寄りのくせに、どこもどうもないなら、それはよほど異常というべきでしょう。即刻入院して精密検査を受けた方がいい*と述べられています。


我が社の社是は「健康にくらそう」です。障害や病気があってもいきいきと生きていける、そんな状態を応援していきたいと思います*


2013.08.29 (木)

日「往生したけりゃ医療とかかわるな 自然死のすすめの著者である中村仁一先生の講演を聞く機会がありました。自らを「医師会の綾小路きみまろ」と名乗っておられるだけあって、講演は毒舌とユーモアに溢れていました* 

 

 

 毒舌というと笑いを取るためにわざと過激なことを言うような印象がありますが、中村先生がおっしゃっていることは「生物は繁殖を終えたらやがては死ぬ」という至極シンプルな自然界の掟に帰結すると感じました。

 

「医療とかかわるな」と言われると医療に携わっているものとしては一瞬「ぎょっ*」としますが、別に全ての人にというわけではなく、人生の折り返し点(中村先生が言うところの繁殖を終えた時点)を超えて「人生の還り道」を歩んでいる人は老いを認め

(病にすり替えない)、健康に振り回されず(健康はあくまで手段であって目的ではない)、死に抗わず(食べないから死ぬのではなく、死ぬから食べなくなる)、多少の具合の悪いのは当たり前と悟り医療は限定利用を心がけましょうということです。

 

一般に「死」を考えることは後ろ向きや縁起が悪いと考えがちですが、甘味を増すのに塩が必要なように命の有限性を自覚することで「今」を見つめ直し「生」に感謝するいい機会になると再認識しました。

 

 笑いっぱなしの1時間半はあっという間に過ぎてしまいました*

中村先生のように生前から棺桶に入る練習はできませんが、人生の最後に「いい人生だった」と思えるように心がけたいです* 

 

 

 

*お盆休みのお知らせ

8月10日(土):9時から14時

8月14日(水)、15日(木):9時から17時

となりますので、ご了承ください。その他の日は通常通り営業しております。

2013.07.29 (月)

*

梅雨明けから、夏にかけては熱中症の発生がピークとなります。

熱中症を起こさないようにしっかり予防しましょう。


○水分・塩分の補給

水や麦茶、スポーツドリンクなどを飲み水分をとりましょう。

喉の渇きを感じなくても、こまめに飲んで下さい。

また塩分の補給も一緒に行いましょう。


○適切な温度調整

節電を意識し、エアコンを使わずに過度に我慢するのは危険です。

室温は28℃以下に保ち、扇風機なども併用して温度調整しましょう。

室内でも注意が必要です。


○外出時は特に注意

日中に外出するときは日陰を選び、帽子・日傘を使って直射日光を避けましょう。

通気性・吸収速乾性の衣服を選ぶのも効果的です。


めまい・立ちくらみなど、熱中症が疑われる時は,まず涼しい場所に移動し、水分・塩分補給を。頭痛・吐き気、意識がもうろうとして来る場合は、救急車を要請しましょう。

*

2013.06.26 (水)

 

花粉の季節もようやく去りましたね*

皆さまいかがお過ごしですか?

木々の緑がさわやかな時季になり、日中は暑くなってきました

とはいっても朝、晩はまだまだ涼しいので、

皆さも気温差で体調を崩さないようにお気をつけください

さて、皆さまが外出されたときお薬をお茶で飲むしかない状況を経験されたことはないでしょうか

そこで、そのようなときは下記のQAを参考にしてください。


:外出先などでお茶しかなく、お薬を飲まなくてはならないとき、お茶で飲んでいいのでしょうか。


:普通の緑茶やウーロン茶ならほとんど問題ありません。以前は、鉄剤を飲むとき、薬の成分である鉄がお茶のタンニンと反応して 吸収されにくくなり、貧血の治療に悪影響があるといわれてきました。その後改めて検討され、現在では特に影響がないといわれています。

ただし、一部の薬は緑茶・紅茶・コーヒーで飲むと、薬の効き目が変わることが知られていますので、基本的にはコップ一杯の水でお飲みください。

2013.05.22 (水)

こんにちは、大津ますだ薬局です*

夏並みに暖かくなった*と思えば、真冬並みに寒い*

そんな寒暖差の激しい日が続いていますが、みなさん体調は崩されてませんか??

私は風邪をひいてしまいました*

みなさんもお気をつけ下さいね*

 

さぁ、今年も*GW*がやって参ります*

ご予定はおありでしょうか?

楽しみですね*

大津ますだ薬局は通常通りの営業となります*

 

処方箋の有効期限は、

土日、祝日関係なく交付日含め4日間です*

有効期限がすぎることのないようご注意ください*

 

楽しいGWをお過ごし下さい** 

 

 

2013.04.22 (月)

 こんにちは。春分の日も過ぎ、日差しはもう春そのものですが、まだまだ寒い日もありますね。気温の変化についていけず、体調を崩されていませんか。お気をつけくださいね。

 

 さて、320日に栗東芸術文化会館さきらで、滋賀県薬剤師会主催の県民公開講演会がありました。講師は、テレビの健康情報番組などに薬剤師として出演なさっている堀美智子先生でした。テーマは「薬のこと どれだけご存知ですか? 薬との正しいつきあい方」。

一般市民の方が対象の講演会で、皆様にも是非知っておいて欲しいことがありましたので、引用させていただきます。

 

 「お薬は水で飲みましょう。」これは薬を飲むときの基本中の基本です。

しかし、物事には例外があります。 「歯が痛くて、食べることもできません。痛み止めをください。」という患者様には、「痛み止めは空腹時に飲むと胃を荒らしやすいので、何も食べられない時は、薬の効きは少し悪くなるかもしれませんが、牛乳で飲んでください。」とお伝えすることがあります。

 でも、これは一般論ではありません。薬によっては、牛乳で飲むと、全く効果が出なくなってしまうものもあります。コーラやジュースなど酸性の飲料で飲んではいけないもの、グレープフルーツジュースを飲んではいけないもの、カフェインを含むものは摂らないほうが良いものなどもあります。それぞれに、一緒に飲んではいけない理由があります。

 

 ある時、コーヒー党で毎日コーヒーを何杯も飲む方に、コーヒーを飲んではいけない薬が出たそうです(この場合は時間をずらしてもだめです)。その患者様は、「コーヒー飲めないんだったら、薬のほうを飲まない」とおっしゃったそうです。そこで、堀先生は、同じ効果を持っていて、コーヒーとの相互作用の無い薬を調べ、医師に相談し、変更していただいたそうです。こうしてコーヒーを止めずに治療も続けられることになりました。

 

 この話で堀先生がおっしゃりたかったのは、「誰でも個々に事情をかかえておられる。処方された薬もそれぞれに違う。もしも、困ったことや疑問に思ったことがあれば、是非薬剤師に相談してください。あなたの事情に合わせた解決方法を一緒に考えますよ」ということです。

 

 他にも、食品やサプリメントが、薬の作用や症状に思わぬ影響を与えてしまった例もお話いただきました。通常なら体に良いとされているものでも、病気によっては症状の悪化につながることがあります。本当に気をつけなければいけないですね。

 堀先生はテレビ出演が多いだけあって、とてもお話し上手で、話に引き込まれてあっという間に1時間が過ぎていました。

最後に、講演会で配布された資料から。

 

 薬を使用しているときの注意

☆服用前の自分の身体と、薬を服用後の変化をきちんと観察しましょう。 

 気づいた事は、お薬手帳に記載しましょう。

☆特によく摂る食事やサプリメントについても医療関係者に伝えて下さい。

OTC薬(市販されている薬)の使用についてもお薬手帳に記載しましょう。

☆薬は決められたように、水で服用。

☆残薬については、どのくらい残っているか医療関係者につたえましょう。

☆いきつけ、かかりつけの薬局を作って下さい。

 

 いつ緊急事態が

☆高血圧症、糖尿病、心疾患の薬などは3日分は身につけておいてください。

 (外出先で被害にあうこともあります。肌身離さず持ち歩きましょう。)

☆震災後医薬品の供給は、それまで服用されていた薬と同じ、あるいはできる

 だけ近いものをお渡しすることが最低限できる医療です。

 お薬手帳がとても重要な意味を持ちます。

☆避難所の食事は、おにぎり、菓子パン、炭水化物が主体です。ビタミン、ミネ

ラルを 補うことの大切さも忘れないで下さい。


2013.03.26 (火)

こんにちゎ☆(≧∀≦*)ノ
もうすぐ3月だというのに。。。。
いつまでも*降って寒いですね*

私もかなりの寒がりですが三重県なばなの里へ行きました*
キーーンと凍るような気温の中で見るイルミネーションは
とても綺麗で幻想的な世界+゚。*(*´∀`*)*。゚+
温室にはたくさんのベゴニアが咲いていて春が待ち遠しくなりました♪

20130112_193639.jpg

春といえば「花粉症」のシーズン。。
そろそろ飛び始めた花粉に気が重くなってる方も多いのではないでしょうか(。-ω-。)
マスクやメガネで予防することから始めてみましょう**

 

 

2013.02.25 (月)

何気なく本屋さんをうろついていたら、思わず目に止りました*

 

シルバー川柳」 (社団法人全国有料老人ホーム協会著)

 

459113072X.jpg

 

立ち読みしていたら面白かったので1冊買って来て、薬局の待ち合いに置いています。

 

薬局という場所柄高齢者の方とは日々接していますが、実際の暮らしぶりや考え、悩みまではなかなか見えにくいものです。

 

「シルバー川柳」ですので、当然医療や薬をネタにしたものもあります。いくつかご紹介します。

 

無題2.bmp無題1.bmp 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無題3.bmp無題4.bmp         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 老いや病を嘆き悲しむのではなく、どうせ誰もが例外なく経験するものなら、一層楽しんで笑い飛ばそう、そんな意気込が感じられます*

 

 「患者」や「高齢者」という見方は断片的な見方でしかなく、読後はいくつもの喜怒哀楽を経験した人生の大先輩、そんな風に見方が変わりました。

 

待ち時間の一服の清涼剤としてお読みいただけたら幸いです*

2013.02.02 (土)

 

滋賀県でもインフルエンザの流行期に入りました。
今後、本格的に流行の拡大が予想されるので、しっかり予防しましょう。

○外出後の手洗いとうがい
 手洗いはインフルエンザに限らず接触感染を感染経路とする感染症対策の基本です。

○適度な湿度の保持
 加湿器などを使って湿度60%前後に保ち、乾燥を防ぎましょう。

○外出時のマスク着用
 咳が出るときはできるだけマスクをし、「咳エチケット」を守りましょう。

○十分な栄養と休養
 体力をつけ、体の抵抗力を高めましょう。


もし具合が悪くなった時は、早めに医療機関を受診しましょう

*

2013.01.17 (木)

     

     

 年末は

 12月29日(土)9:00から13:30まで営業。

    12月30日から1月3日まで休み

  年始は

 1月4日(金)9:00から13:30まで営業。

 1月5日からは通常営業となります。

 処方箋の有効期限は交付日を含めて4日以内です。

 有効期限をすぎることのないようにご注意ください。

 

  *ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。*

2012.12.05 (水)

←前の10件    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    

カレンダー

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ますだ薬局グループホームページへ