このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セルフメディケーション税制始まる。市販薬のレシートは残しましょう。

 セルフメディケーション税制が1月から始まりました。

「セルフメディケーション」と言っても耳慣れない言葉だとは思いますが、セルフメディケーション税制は従来の医療費控除の特例として創設されました。

 

「セルフメディケーション」と唱えているだけでは進展しないでしょうから、今回税制上の優遇措置が創設されたことは大きな推進力になることでしょう。

制度の詳しい概要は以下のリンクを参考にしてください。

         ↓

*セルフメディケーション税制について(厚生労働省)

 

 大雑把には対象市販医薬品の1年間の購入金額が1万2000円を超える時、超えた金額を総所得金額等から控除するというものです(控除金額の最大は8万8000円)。

 

 今まで市販薬を購入していたが、医療費控除の適用下限に満たなかった方には朗報ですね。ただセルフメディケーション税制と従来の医療費控除は重複して適用を受けることはできません。 

 医療費控除の適用下限額が10万円の方の場合、1年間の医療費等の総支払額(保険金で補填される金額は除く)からセルフメディケーション税制対象市販医薬品の購入金額を引いた金額が8万8000円以下の場合、セフルメディケーション税制の適用を受けた方が特になります。参考にしてください。

 

*:世界保健機関(WHO)によると、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

2017.01.27 (金)

カレンダー

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ますだ薬局グループホームページへ