このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

World Run 報告記

 GW後半の53日、高島市において日本で初開催されたランニングイベント「Wings for Life World Run参加しました。

 このランニングイベントは通常のマラソンとはかなりスタイルや趣向が違います。

  まずゴールがありません。ゴールがない代わりに、キャッチャーカーと呼ばれる車に追い付かれた時点でレースは終了となります。キャッチャーカーはスタート30分後に時速15kmで追いかけてきます。その後、徐々にスピードを上げて最終時速30kmになります。1km330秒で5時間半走れれば、最大距離の100kmを完走できる計算になります(まず無理です*)。

  スタートは夜8時。こんな遅くからスタートするのには理由があります。タイトルに「World Run」とあるように世界6大陸33か国35ヶ所の会場にて同時にスタートするからなのです。カリフォルニアでは早朝4時、グルジアでは15時スタートでした。夜のイベントだったためか20歳代が多く、自撮りして楽しんでいる人もたくさんいました。

   賞品も豪華です。各会場の優勝者、男女各1名には、次回の2016年の大会で自分の希望する会場(国)にて走る権利が贈られます。そして、世界で最後まで走り続けた男女それぞれ1名には、翌年の出場権と世界1周旅行が贈られます。なんと日本の女子部門で56.33kmを走られた女性が、女子のグローバルチャンピオンに輝きました*

   また参加費の全額に相当する額が、脊髄損傷の治療研究の支援に充てられることも特筆すべきことでしょう。コンセプトは走れない誰かのために、世界と一緒に走る」。そのためか視覚障害者や車イスのランナーさらには障害児をベビーカーに乗せて押して走っている女性もいました。

  さて、結果はというと17kmでキャッチャーカーに捕まるという平凡な記録。うーん*「ライザップ」に入会して真剣に鍛えようかな?

 

   最近ではレジリエンスを高めるとも言われるランニング。入学・入社も一段落し五月病や運動不足が心配なあなた!世界1周を目指して新緑の中、走りませんか*

 

 *レジリエンス:逆境やトラブル、強いストレスに直面したときに適応する精神力と心理的プロセス

 

P-20140504-00196_News.jpgのサムネール画像

2015.05.11 (月)

カレンダー

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ますだ薬局グループホームページへ