このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

花粉の飛散が始まりました

 

花粉の飛散が始まりました *

環境省などの花粉情報にご注意ください。

現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。

では、花粉症とはいったいどんな病気なのでしょうか。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

主なアレルゲン
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

症状
鼻の三大症状「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他に のどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)


花粉症の症状の出方や重症度は、人によって異なります。

薬の効果にも個人差があります。つらい花粉症の症状をしっかり抑えるためには、きちんと医師の診断を受けて、あなたに合った治療を行うことが大切です。

医師や薬剤師などに症状や薬について気になることがあれば相談し、治療の見直しなどを行い、より自分に合った治療をみつけていきましょう。

2015.02.23 (月)

カレンダー

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ますだ薬局グループホームページへ