このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

歌丸師匠、COPD啓発大使に就任

   8月に埼玉県で起きた調剤過誤事件は衝撃でした。一般紙にも掲載されたので、目にされた方も多かったのではないかと思います。改めて「速さ」ではなく「安全」を基本にした調剤を心掛けるとともに、患者様にもこの点はご理解して頂きますようよろしくお願いします。

 

   さて先日禁煙の研修会に参加してきました。難しい内容で*

 理解できたのは、「タバコは体によくない」ということくらいだったのですが、

 新しい発見を2つしました*

 

  1つは従来肺気腫とか慢性気管支炎と呼ばれていた疾患をまとめて慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼ぶようになったこと。タバコ煙を主とする有害物質を吸入暴露することで生じた炎症性疾患と定義され、1秒量(FEV1.0)/努力肺活量(FVC)が70%未満を満たすことが診断基準の1つになっています。

  

  もう1つは私の好きな落語家の桂歌丸師匠COPD研究会啓発大使COPD厚生労働省検討会患者代表委員に就任されたことです(下記URL参照)*

 生粋の浜っ子である歌丸師匠が厚労省の会議で啖呵をきっているところをぜひ見たいものです。

 

  歌丸師匠と言えば「笑点」の司会でおなじみですが、自らの独演会はもとより、歌丸一門を率い、落語芸術協会会長、横浜にぎわい座館長はては総務省地デジ化応援隊までこなす多忙ぶり*

 

 師匠、多忙もいいですが、どうぞお体にはお気をつけください* 

 

 http://www.copd-jp.com/about_utamaru.html


2011.09.20 (火)

カレンダー

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ますだ薬局グループホームページへ