このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ぶろぐ.jpgのサムネール画像 先日、ますだ薬局グループを運営する有限会社メディテックの開業20周年という事で、会社から守山店にお菓子が届きました。*(^^)
 
 ちなみに守山店は、平成9年に開店いたしました。その後に途中で引っ越しを挟み、現在の場所で運営を続けさせて頂いています。ありがとうございます。

 20年前というと患者さんはまだまだ病院の中で外来のお薬を受け取る事が主流であったため、()メディテックは医薬分業での先駆け的な存在であったといえるでしょう。「医薬分業」について詳しくは、こちらの日本薬剤師会リンク先をご覧下さい*

http://www.nichiyaku.or.jp/kokumin.php?global_menu=医薬分業について

 

 今後も地域の皆様の健康づくりのお手伝いができればと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>

2014.09.17 (水)

毎日蒸し暑い日が続いていますが、元気にお過ごしでしょうか?
いよいよ夏本番ですが、暑い夏の体調管理はとても重要です。
今日は、快適に夏を乗り切る方法のひとつとして、アロマテラピーを紹介したいと思います*

アロマテラピーと聞くと、リラクゼーションをイメージする方が多いと思いますが、アロマオイルによって持っているパワーはさまざまで、目的に応じて使い分ければ幅広い効果が期待できます。中でもアロマテラピー初心者にもおすすめなのが、ラベンダーです*

ラベンダーには主に3つの効果があります。

*心の疲れを取りのぞくリラックス効果

精神的な不安や緊張を取りのぞく効果があり、人間関係や日々の仕事で蓄積したストレスを和らげてくれます。虫よけや殺菌効果もあるため、ラベンダーの香りに包まれた空間で眠れば、心地よい眠りへといざなってくれます。アロマポットやディフューザーがなくても、ハンカチやティッシュにアロマオイルを1、2滴たらして枕元に置くだけで十分効果的です。

*体の痛みを取り除く効果
血圧を安定させることによって頭痛、筋肉痛、生理痛、神経痛などを和らげてくれます。痛みがつらいときにはハンカチやティッシュにアロマオイルを1、2滴たらしてデスクに置いてみてください。
また、ラベンダーは火傷に驚きの効果を発揮します。火傷をしてしまったら、すぐに患部にラベンダーのアロマオイルをつけてみてください。火傷特有の長引くひりひり感がかなり軽減されます。ラベンダーは他のアロマオイルと違って、肌に直接使用できますから、台所のすぐに手の届くところに置いておけば安心です。

*優れた殺菌効果
切り傷やニキビにもラベンダーが効果的です。綿棒やガーゼを使って患部につけると、ラベンダーの殺菌・抗炎症作用により赤みが引き、症状が改善します。

 

いかがでしたか?

アロマテラピーの効果の感じ方は個人によって差がありますが、天然の成分なので体にやさしく、何よりとてもいい香りなので、幸せな気持ちにしてくれます**今日はラベンダーを紹介させていただきましたが、他のアロマオイルもさまざまなパワーを持っていて、正しく使用すれば快適な生活をサポートしてくれるでしょう。みなさんもぜひ、生活の中にアロマテラピーを取り入れてみてください*
アロマ画像.bmp

2014.07.18 (金)

GWも過ぎスギ、ヒノキの花粉症も落ち着いてきた今日この頃、スギ花粉症の方に朗報です*
近々対処療法でなく、根治を目指す「減感作療法」の新薬が発売される予定です。

「減感作療法」とはアレルギー疾患の原因であるアレルゲンを少量から投与し、徐々に増量し、
アレルゲンに対する反応を減弱することにより、炎症反応を低下させ、その結果、疾患の進展を防ぐことを目的とする治療方法です。
現在は、皮下注射による方法が中心であり、投与の煩雑さや注射による疼痛、長期間に渡る定期的な通院などの面で患者の負担が大きく、さらにアナフィラキシーショックなどの重篤な副作用が問題となっていました。

今回発売される薬は「舌下投与」での使用となるため自宅での服用が可能になり痛みもなく治療できるようになります。
少し発売が遅れているようですが来シーズンには間に合うと思われますので興味がある方はお気軽に当薬局の薬剤師にお尋ねください*

2014.05.13 (火)

年末年始の営業は下記の様になります。

12月28日(土) 13時30分まで
12月29日(日) 休業
12月30日(月) 13時30分まで
12月31日(火)?1月3日(金) 休業
1月4日(土)より通常通り営業となりますで、よろしくお願いしたします。

なお1月4日は土曜日のため13時30分までの営業となりますのでご注意ください。

2013.12.13 (金)

今お持ちの携帯端末はいわゆるガラケーですか?それともスマートフォンでしょうか?
先月docomoからもiphoneがついに発売され、ますますスマートフォンの普及は拡大していくと思われます*
いつでもどこでもインターネットに接続でき、検索、SNS、ゲームなど様々な用途に使用でき便利なツールのスマートフォン略してスマホですが、時間を忘れていじってしまうためスマホ症候群というものが話題になっています*

通常人間の頭を支える首の骨は生理的前彎(せいりてきぜんわん)というしなやかなカーブを描いて頭を支えています。
スマホの操作やパソコン作業によってうつむいた姿勢を長時間取り続けていると、このしなやかなカーブが失われてしまいまっすぐになってしまいます。
この状態を「ストレートネック」と呼びます。





デスクワークに加えて通勤途中、お昼休みなどにもスマホをいじっている人はこの状態になる確率が高いそうです。

ストレートネックの主な症状は首、肩のこりや首の筋肉がこわばることで血流障害がおこり頭痛、耳鳴りなどもあらわれることがあります。
長時間スマホを使用する際には適度な休憩をとり、首、肩のストレッチをすることをおすすめします*
最近、頭痛や肩こりが取れないと感じるスマホ利用者の皆さん、ご注意を*

2013.10.01 (火)

8月の営業時間のお知らせです。
8月は盆の時期も通常通りの営業を行っております。

**

また店舗内にAEDを設置しました。
緊急時の際にはどなたでも使用していただけます。

2013.07.09 (火)

アンチタックス

6月3日に発売されたブドウ葉抽出乾燥混合物を有効成分とするカプセル剤です。
軽度の「静脈還流障害」による足のむくみや重だるさを改善する「西洋ハーブ医薬品」の第1号です。

静脈還流障害」とは下肢の血流が滞ることで引き起こされる疾患をいいます。
初期症状は足のむくみ、重だるさ、つっぱり感などですが、重度になると足の皮膚の色が変わる色素沈着や足の表面に拡張した静脈が浮き出たりする静脈瘤などの症状がでることがあります。

西洋ハーブ医薬品」欧州医薬品庁(EMA)等により、基原植物やその使用法が規定され、有効性、品質管理、製造プロセスなどが明確に定義された、「生薬製剤」(Herbal medicinal products)のことを指しています。

ハーブといえば、お茶などの飲み物や食用のものが、日本人には思い出されるかと思いますが、ヨーロッパでは、古くから医薬品として流通されてきました。特にドイツでは、西洋ハーブを使った医薬品の割合が高く、店頭で様々な薬を見ることができます。
日本では、2007年に西洋ハーブの承認審査のルールが示されたことにより、2011年に「赤ブドウ葉乾燥エキス混合物」を新有効成分とした一般用医薬が初めて承認されました。


このアンチタックスは第一類医薬品に分類されていますので薬剤師による対面販売が義務付けられております。
高血圧、糖尿病などの持病のある方、妊娠されている方、血をサラサラにし固まりにくくする薬などを服用されている方などは服用することができませんので購入の際にはお手数ですが、薬剤師によるカウンセリングにご協力お願いします。

2013.06.27 (木)

もうすぐ4月、まもなく桜が満開の季節です*

桜と言えばお花見*

お花見は奈良時代の貴族の行事が起源と言われ、桜ではなく梅が鑑賞されていました。

平安時代に桜に変わってきて、花見の習慣が広く庶民に広まったのは江戸時代、特に徳川吉宗が各地に桜を植え、花見を奨励したと言われています。

開花は神様が降りてきた証とされ、桜の開花により田植えの時期を知り、咲き方・散り方によってその年の米の出来具合を占ったのだとか。そのため桜に酒や肴を捧げ、豊作を祈願したのです。

また、「さくら」の語源は「咲く」に複数の「ら」を加えたものとされ、元来は花の密生する植物全体をさしたものとされています。

短い期間ではありますが、普段忙しく過ごされている方も、桜の前で少し足を止めて桜を愛でてみてはいかがでしょう*

もちろん、花より団子派は桜の下でのお花見宴会も楽しんでください*

ただ、桜は人を狂わせると言われるので、くれぐれも飲みすぎのご注意を*

 

 

2013.03.29 (金)

新しい年を迎えたと思ったら、もうすぐ2月です*

2月3日は節分*

季節の変わり目には邪気が生じやすいため、これを鬼とみなして鬼払いする行事です。

炒った大豆をまいて歳の数だけ食べ、無病息災を願います。

近年西日本から全国へ広まってきたのが「恵方巻き」。恵方に向いて目を閉じ、願い事を思い浮かべながら黙して太巻き寿司丸ごと一本かぶりつくという風習です。ちなみに巻き寿司である理由は「福を巻き込む」ため。丸ごと1本食べるのは「縁を切らない」という意味があるそうです。起源には色々な説があるようですが、一時廃れていた風習が蘇ったのは1970年代後半に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った販売イベントがきっかけと言われいます。

*恵方とは陰陽道でその年の干支によって定められる最もよいとされる方角で、歳徳神がいると言われています。

*今年の恵方は「南南東やや右」*

たかが節分、されど節分。せっかくですから、邪を払い、福を呼ぶ込みましょう*

 

 

 

 

2013.01.23 (水)

ついに今年もあと2週間少しになりました。

年々1年が早く過ぎていくのを実感しております。

今年1年も、色々とご迷惑おかけしたこともあるかと思いますが、ありがとうございました。また新しい年に向けてスタッフ一同精進してまいりますので、今後もご指導ご鞭撻、よろしくお願い申し上げます。

 年末・年始の営業時間をお知らせいたします。

12月28日(金)までは通常通り営業。

12月29(土)~1月3日(木)まで休業。

1月4日(金)から通常営業開始。

(営業時間:月・火・水・金は8:30?19:30、木は9:00?17:00、土は8:30?13:30)

インフルエンザも流行の兆しがありますので、ご注意ください。

 

 

2012.12.18 (火)

←前の10件    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    

カレンダー

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ますだ薬局グループホームページへ