このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

梅雨*から夏にかけて、水虫になりやすい季節です*
水虫を防ぐポイントとして、家に帰ったら足の指の間まで石鹸でよく洗い、しっかり乾燥
させる。それから、通気性の良い靴下やスットキング 靴を履くなどです。*

水虫の治療の基本は、薬です*ぬり薬と飲み薬があり、症状やタイプによって違います*
症状が治ったからといって途中で薬の使用を止めないこと。
完全に治らないと発生しやすくなります。*

水虫に限らず、皮膚のトラブルについて、わからないことがありましたら、何でも
お気軽に薬剤師にお尋ね下さい*

2016.06.20 (月)

*GWの営業時間をお知らせいたします*


4月28日(木)  通常営業 9時から17時  
4月29日(金)  休み
4月30日(土)  通常営業 9時から13時半
5月1日(日)   休み
5月2日(月)   通常営業 9時から19時半
5月3日(火)   休み
5月4日(水)   休み
5月5日(木)   休み
5月6日(金)          通常営業 9時から19時半




     


2016.04.25 (月)

年末年始の営業は下記の様になります。

12月29日(火) 通常営業 8:30から19:30
12月30日(水) 休業
12月31日(木) 休業
1月1日(金)  休業
1月2日(土)  休業
1月3日(日)  休業

1月4日(月)より通常通り8:30から19:30営業 となります。

夜間緊急連絡先  090-5245-1960

28年度もどうぞ宜しくお願いします。


28年度もどうぞ宜しくお願い致します


2015.12.21 (月)

ますだ薬局守山店では糖尿病に関連した血液の検査(HbA1c)が出来るようになりました*


*検体測定室とは*
自己穿刺により採取したわずかな血液をもとに、糖尿病や脂質異常症、高血圧といった生活習慣病に関係のある項目を検査できるスペースです。


糖尿病は早期発見・治療が大切です。
検査を受けた4人に1人糖尿病予備軍だというデータも報告されています*
糖尿病は自覚症状がほとんどありません。
気付いたら糖尿病になっていた...ということもあります*

検査は簡単なもので、その場で3分で出来ます*
どうぞ気軽に申して下さい**

同時にコレステロールの検査もできます*
健康チェックしてみませんか*


DSC00686.JPG
DSC00691.JPG

こちらが検体測定室
 です。
  問診と説明を行います*


  こちらが計測機です。→
  約3分で受けられます*




2015.09.16 (水)


猛暑が続いていおります。
熱中症に注意してくださいね*

お盆は通常通りおこないます。
                           
               守山店

2015.08.11 (火)

怪我をしたときに、誰もがお世話になる絆創膏ですが、最近では傷が早くきれいに治る商品が販売されています*

従来の絆創膏は中央のガーゼ部分を傷に合わせることで、傷からの浸出液を吸収、傷口を乾燥させ、外部からの刺激から傷口を保護することに重点を置いていました。
この方法ではかさぶたできやすくなり、逆に皮膚を再生を妨げてしまうことがあります*

傷の治りが早い絆創膏*は従来の絆創膏とは逆で傷口の潤いを保つことで傷の治りを促進しようというものです。
傷口からでている透明な浸出液には皮膚の再生を促す成分が含まれています。
新しいタイプの絆創膏*はこの液体を吸収してふくらんでゼリー状のクッションになり傷口に適度な潤いを保ちます。
この方法では傷跡が残りにくく、傷口を密閉できるので細菌の感染を抑えられます。

使用上の注意としては傷口に入った異物や細菌を水道水などで十分洗い流してから使用する必要があります。
またすべての傷、怪我に使用できるものではなくばい菌が入った傷やばい菌が入ってしまうような深い傷には使用できないので注意してください*

2015.05.11 (月)

最近寒くなってきましたが、皆さん体調に変化はありませんか*

もうすぐインフルエンザの季節が近づいてきました。皆さんインフルエンザの予防接種はもう受けられましたか?

そこで今回はインフルエンザについてお話します*

毎年作られるインフルエンザのワクチンは*WHO(世界保健機関)*

去年の流行りを参考に今年の流行を予想して決定しています。

流行ると予想されるワクチン株を今年の4月に決定し、日本では5月以降に製造が開始されて10月頃からワクチンの接種が行われています。

 

インフルエンザの種類にはA型・B型・C型があります。

A型はウイルスが変わりやすく、毎年少しずつ変化しているのでインフルエンザになるのはA型が原因となることが多いです*

B型はウイルスが変わりにくく、限られたものしかないのでワクチンによる予防が効果的です。

C型は大きな流行は起こさないのでワクチンには入っていません。

ワクチンにはこのうちのA型B型が入っています。

今年のワクチンには

・A/カリフォルニア株
・A/ニューヨーク株
・B/マサチューセッツ株

の3種類が入っています。


*身近なインフルエンザの予防法としては

・手洗いうがいをする*

・人混みを避ける*

・部屋などの湿度を保つ*  などがあります。

 

インフルエンザはくしゃみによる感染や、手*についたウイルスがから入ることで感染します*

日本では、インフルエンザは例年12月から3月頃に流行します。

ワクチン接種による効果がでるまでに2週間程度かかることからまだワクチンを接種していない方は、そろそろ接種しに行かれることをおすすめします*

2014.10.31 (金)

ぶろぐ.jpgのサムネール画像 先日、ますだ薬局グループを運営する有限会社メディテックの開業20周年という事で、会社から守山店にお菓子が届きました。*(^^)
 
 ちなみに守山店は、平成9年に開店いたしました。その後に途中で引っ越しを挟み、現在の場所で運営を続けさせて頂いています。ありがとうございます。

 20年前というと患者さんはまだまだ病院の中で外来のお薬を受け取る事が主流であったため、()メディテックは医薬分業での先駆け的な存在であったといえるでしょう。「医薬分業」について詳しくは、こちらの日本薬剤師会リンク先をご覧下さい*

http://www.nichiyaku.or.jp/kokumin.php?global_menu=医薬分業について

 

 今後も地域の皆様の健康づくりのお手伝いができればと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>

2014.09.17 (水)

毎日蒸し暑い日が続いていますが、元気にお過ごしでしょうか?
いよいよ夏本番ですが、暑い夏の体調管理はとても重要です。
今日は、快適に夏を乗り切る方法のひとつとして、アロマテラピーを紹介したいと思います*

アロマテラピーと聞くと、リラクゼーションをイメージする方が多いと思いますが、アロマオイルによって持っているパワーはさまざまで、目的に応じて使い分ければ幅広い効果が期待できます。中でもアロマテラピー初心者にもおすすめなのが、ラベンダーです*

ラベンダーには主に3つの効果があります。

*心の疲れを取りのぞくリラックス効果

精神的な不安や緊張を取りのぞく効果があり、人間関係や日々の仕事で蓄積したストレスを和らげてくれます。虫よけや殺菌効果もあるため、ラベンダーの香りに包まれた空間で眠れば、心地よい眠りへといざなってくれます。アロマポットやディフューザーがなくても、ハンカチやティッシュにアロマオイルを1、2滴たらして枕元に置くだけで十分効果的です。

*体の痛みを取り除く効果
血圧を安定させることによって頭痛、筋肉痛、生理痛、神経痛などを和らげてくれます。痛みがつらいときにはハンカチやティッシュにアロマオイルを1、2滴たらしてデスクに置いてみてください。
また、ラベンダーは火傷に驚きの効果を発揮します。火傷をしてしまったら、すぐに患部にラベンダーのアロマオイルをつけてみてください。火傷特有の長引くひりひり感がかなり軽減されます。ラベンダーは他のアロマオイルと違って、肌に直接使用できますから、台所のすぐに手の届くところに置いておけば安心です。

*優れた殺菌効果
切り傷やニキビにもラベンダーが効果的です。綿棒やガーゼを使って患部につけると、ラベンダーの殺菌・抗炎症作用により赤みが引き、症状が改善します。

 

いかがでしたか?

アロマテラピーの効果の感じ方は個人によって差がありますが、天然の成分なので体にやさしく、何よりとてもいい香りなので、幸せな気持ちにしてくれます**今日はラベンダーを紹介させていただきましたが、他のアロマオイルもさまざまなパワーを持っていて、正しく使用すれば快適な生活をサポートしてくれるでしょう。みなさんもぜひ、生活の中にアロマテラピーを取り入れてみてください*
アロマ画像.bmp

2014.07.18 (金)

GWも過ぎスギ、ヒノキの花粉症も落ち着いてきた今日この頃、スギ花粉症の方に朗報です*
近々対処療法でなく、根治を目指す「減感作療法」の新薬が発売される予定です。

「減感作療法」とはアレルギー疾患の原因であるアレルゲンを少量から投与し、徐々に増量し、
アレルゲンに対する反応を減弱することにより、炎症反応を低下させ、その結果、疾患の進展を防ぐことを目的とする治療方法です。
現在は、皮下注射による方法が中心であり、投与の煩雑さや注射による疼痛、長期間に渡る定期的な通院などの面で患者の負担が大きく、さらにアナフィラキシーショックなどの重篤な副作用が問題となっていました。

今回発売される薬は「舌下投与」での使用となるため自宅での服用が可能になり痛みもなく治療できるようになります。
少し発売が遅れているようですが来シーズンには間に合うと思われますので興味がある方はお気軽に当薬局の薬剤師にお尋ねください*

2014.05.13 (火)

←前の10件    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    

カレンダー

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ますだ薬局グループホームページへ