このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

GWも過ぎスギ、ヒノキの花粉症も落ち着いてきた今日この頃、スギ花粉症の方に朗報です*
近々対処療法でなく、根治を目指す「減感作療法」の新薬が発売される予定です。

「減感作療法」とはアレルギー疾患の原因であるアレルゲンを少量から投与し、徐々に増量し、
アレルゲンに対する反応を減弱することにより、炎症反応を低下させ、その結果、疾患の進展を防ぐことを目的とする治療方法です。
現在は、皮下注射による方法が中心であり、投与の煩雑さや注射による疼痛、長期間に渡る定期的な通院などの面で患者の負担が大きく、さらにアナフィラキシーショックなどの重篤な副作用が問題となっていました。

今回発売される薬は「舌下投与」での使用となるため自宅での服用が可能になり痛みもなく治療できるようになります。
少し発売が遅れているようですが来シーズンには間に合うと思われますので興味がある方はお気軽に当薬局の薬剤師にお尋ねください*

2014.05.13 (火)

カレンダー

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ますだ薬局グループホームページへ