このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スマホ症候群

今お持ちの携帯端末はいわゆるガラケーですか?それともスマートフォンでしょうか?
先月docomoからもiphoneがついに発売され、ますますスマートフォンの普及は拡大していくと思われます*
いつでもどこでもインターネットに接続でき、検索、SNS、ゲームなど様々な用途に使用でき便利なツールのスマートフォン略してスマホですが、時間を忘れていじってしまうためスマホ症候群というものが話題になっています*

通常人間の頭を支える首の骨は生理的前彎(せいりてきぜんわん)というしなやかなカーブを描いて頭を支えています。
スマホの操作やパソコン作業によってうつむいた姿勢を長時間取り続けていると、このしなやかなカーブが失われてしまいまっすぐになってしまいます。
この状態を「ストレートネック」と呼びます。





デスクワークに加えて通勤途中、お昼休みなどにもスマホをいじっている人はこの状態になる確率が高いそうです。

ストレートネックの主な症状は首、肩のこりや首の筋肉がこわばることで血流障害がおこり頭痛、耳鳴りなどもあらわれることがあります。
長時間スマホを使用する際には適度な休憩をとり、首、肩のストレッチをすることをおすすめします*
最近、頭痛や肩こりが取れないと感じるスマホ利用者の皆さん、ご注意を*

2013.10.01 (火)

カレンダー

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ますだ薬局グループホームページへ