このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

春から増える紫外線

紫外線対策はされていますか *

 

紫外線の量は、冬から春にかけて増加し、4から9月の間に1年間の紫外線量のおよそ70から80%が降り注ぐといわれます*

また、その量は年々増えているといわれ、日常生活でも紫外線対策がすすめられています*

 

日焼け止めに使われる紫外線カット成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。このうち、まれにかぶれの原因となる「紫外線吸収剤」を使わず、光を反射させて肌を守る「紫外線散乱剤」を使ったものはノンケミカルといい、肌への負担が少ないとされています。敏感肌の方や小さなお子様におすすめです*

 

 日焼け止めは2から3時間ごとに塗り直すのが理想的ですが、なかなか難しいもの*

 日焼け止めだけに頼らず、帽子や日傘など複数の対策で肌を守りましょう。なお、固形のパウダーファンデーションには、紫外線を反射させる成分が含まれています。日焼け止めの上から重ねづけするのもよいでしょう。*

 

 

髪は、紫外線を浴び続けることでパサつきなどが起こりやすくなるので、帽子などをかぶりましょう。また皮膚の薄い唇は急に強い紫外線があたることで、口唇ヘルペスなどが起こりやすくなります。UVカット効果のあるリップクリームなどを利用しましょう。*

 

2011.05.13 (金)

カレンダー

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ますだ薬局グループホームページへ