このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

末年始の休業を下記の様にさせて頂きます。

 

 

 

12月29(木から1月4日(水)まで休業

 

 

 

1月3日(火)・4日(水)はFAXの受付は致しますが、お渡しは1月5日(木)以降になります。

 

 

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します* 

                       

                    *八幡ますだ薬局*

2011.12.20 (火)

12月に入り寒さが増してきました*

最近は、女性だけでなく男性にも増えている冷え性*

寒さと冷えで筋肉をガチガチに疲れさせないためにも、早めの冷え性対策をしましょう*

 

1、お腹を冷やさない*

 重ね着をしたり、腹巻をする

 

2、お風呂でしっかり温まる*

 38℃くらいのぬる目のお湯にゆっくり浸かる

 入浴中や後にストレッチをするのも血流upさせるのでお勧めです。

 

3、筋肉をつけて熱産生をupさせる*

 体の熱を産生させるのは筋肉です。その筋肉が少ないと冷え性の原因になります。

 

4、体を温める食べ物を摂る*

 体を心から温める物を摂りましょう。かぼちゃ、人参、ごぼうなどの根菜類。

 赤や黒の暖色の野菜や果物。生姜など。

 

体を冷やさないようにして、寒い冬を元気に過ごしましょう*****

 

2011.12.07 (水)

薬局の前にある花を植え替えました。

寒さに強いパンジーとすみれ*

DSCF2098.JPG

DSCF2096.JPG

 

こんもりとした花姿がかわいいネメシアニモ。

DSCF2092.JPG

 

初夏に植えたスーパーベルもまだまだ元気です。

DSCF2095.JPG

 

薬局にお立ち寄りの際は是非ごらんになってください* 

 

2011.11.09 (水)

血圧を上げないようにするには塩分を控えるという話を以前しましたが、

今回はその減塩のポイントについてお話します*

 

塩分摂取量は1日6gが目標となっています。しかし塩辛い味が好きな日本人は摂りすぎる傾向にあるため1日約12g摂っていると言われています。つまり倍近く摂っている事になりますね。いきなり6gに減らすのは無理があるのでできる範囲で少しずつ減らしていきましょう。

 

*減塩のポイントをいくつかあげてみます*

 

・しょうゆ・塩などの代わりに、酢・レモンやゆずなどの柑橘系の酸味、ヨーグルトの酸味、

カレー・こしょう・わさび・などを使う。(これらは塩分を含んでいない)

・出汁をしっかり取る

・味付けは直前にする

・ラーメンやそばのつゆは控える

・寿司は具のみにしょうゆをつける

ちなみにナトリウムを一番含むのは梅干です。

 

調味料を同じ重さで比較すると、ナトリウムの量はこうなります。

  しょうゆ薄口>しょうゆ濃口>みそ>ウスターソース>

      とんかつソース>トマトケチャップ>和風ドレッシング>洋風ドレッシング

例えばとんかつにはレモンをかけるなど簡単にできる事もあるので無理なく続けられることから始めてみてはいかがでしょうか?

2011.10.12 (水)

9月となり暑い夏も終わろうとしている中『まだまだ体がだるい・・・』と夏バテ症状に

悩む方もいるのではないでしょうか*

 

ヨーグルトには乳酸菌や良質のたんぱく質が含まれていて、夏の疲れた体をリフレッシュ

するのにぴったりな食べ物と言われています。

ビタミンやミネラルを含んだフルーツと一緒に摂ると夏バテ解消にはさらに効果的です*

特にビタミンCは味の点でもヨーグルトのさわやかな酸味と相性が合います*

ただし、キウイ・パパイヤ・パイナップルと合わせる場合は苦味がでるので長時間

おかない方がいいでしょう*

9月といえば空気が澄んで食べ物が1番おいしい季節*

せっかくならば、夏バテ解消だけでなく食べることも楽しみたいですね**

 

 

もうすぐお月見のシーズンです*

中秋の名月は今年は9月12日* しかも6年ぶりの満月だそうです*

これは絶対に見逃せないですね*

2011.09.07 (水)

暑い日がまだまだ続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか*

夏バテしていませんか*

 

夏バテにより失った体力を回復させるためには、睡眠が重要になってきます*

しっかりと睡眠をとる為には、寝室を快適な温度にして寝る環境を整えることが大切です。

 

エアコンなしでは寝れませんが睡眠中は体温が下がってしまうのでエアコンを

つけっぱなしでは寒くなります。

寝る前に部屋を冷やしておき、眠るときはエアコンを切るかタイマーオフにしておきましょう。

温度設定は28度くらいが最適と言われています。

 

直接冷風が体に当たらないように注意しましょう*

体が体温を保つために寝ている間も働き続けてかえって

疲れることになります*

 

失われがちなビタミンB1、B2、クエン酸なども食事から摂るようにしましょう*

ビタミンB1、B2は豚肉・うなぎ・豆腐・きのこ類などに多く含まれ、

クエン酸はお酢・梅干・ゆず・レモンなどに多く含まれています*

 

頑張って暑い夏をのりきりましょう**

2011.08.17 (水)

8の休業・営業時間短縮を下記の様にさせて頂きます。

 

8月13日(土)  休業

8月15日(月)  830分?1330分の営業

8月16日(火)  830分?1330分の営業

 

FAXの受付は致しますが、お渡しは営業時間内になります。

 

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。 

                       

                      

2011.07.25 (月)

梅雨が明けて毎日暑い日が続きますね*

 

 さて、今回は以前お話した塩分(ナトリウム)とカリウムについて詳しく

お話しようと思います*

 塩分をとりすぎてしまうと血圧があがります。なぜ上がるのでしょうか*

塩分をとりすぎると血液中のナトリウム濃度が上がります。

そうすると細胞の活動が低下してしまうため水分で薄めようとします。そのため腎臓が

水分を血液中に送り出し、血液量が増えて血圧が上がってしまうのです**

 

日本人は塩分をとりすぎると言われています。

その原因としては、しょうゆや味噌などの調味料、漬け物などの塩分が高い保存食を

よく食べることにあります。他にも加工食品や塩分の高い外食なども原因になります。

こういった食べ物は美味しいのでつい食べてしまいますよね*

 

 次にカリウムですが、カリウムは余分な塩分を排出し血圧を抑える効果があります。

緑黄色野菜やいも類、くだもの、海草類に多く含まれています。ただし腎臓の機能が

落ちている人は高血圧でもひかえないといけません*

塩分をひかえカリウムを上手にとっていくことは、血圧を上げないためのポイントの

1つといえますね*

 

ただしこの暑い時期は熱中症予防のためにもこまめに水分とほどよく塩分を

とるようにしましょう*

熱中症には十分お気をつけ下さい*

 

2011.07.11 (月)

こんにちは* 

 

先日薬局の入り口にある花を植え替えました***

 

成長すると、秋までかわいい小花が株いっぱいに咲き続けます。

 

お立ち寄りの際には、是非見ていってください*

 

スーパーベル スター

DSCF1893.JPGのサムネール画像

DSCF1890.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011.06.10 (金)

だいぶ暖かくなり過ごしやすくなってきました*

しかし、まだまだ朝晩の気温差が大きいので

体調管理には十分お気をつけ下さい*

 

さて、暖かくなってくると血圧も下がってくるという話を聞かれたことが

あると思います。今回は血圧を上げたり下げたりする要因についてお話します。

まず、気温変化ですが寒いと血管は収縮し血圧はあがります。逆に暖かくなってくると

血管が拡張し血圧は下がります。外出や入浴などにより温度変化が大きくなると

血圧にも大きな影響を与えます*

 

塩分を摂りすぎても血圧は上がります。カリウムはこの塩分を排出して血圧を

下げる効果があります。

血圧の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、タバコなども血圧を上げる原因となります。

食事やライフスタイルなど生活全般において気をつけることは血圧だけでなく

いろんな病気に対して効果があり予防にもつながります*

 

ストレス発散のために運動する・・・というのもいいかもしれませんね*

2011.05.13 (金)

←前の10件    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    

カレンダー

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ますだ薬局グループホームページへ