このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

春は自立神経が乱れる?

春は穏やかな*日差しが降り注ぎ、

きれいな花々に心おどる季節*                                       

それなのに 「この時期はなんとなくだるい」 「疲れ気味」

という人、いませんか?

                      

その原因は自律神経の働きが乱れているからかもしれません*

 

自律神経には体を活動的にする交感神経と、リラックスさせる副交感神経があり、2つがバランスをとりながら、心臓や腸、胃、血管などの臓器の働きを司っています。

 

春は*気温の寒暖差とともに、

気圧の変動によっても自律神経のバランスを崩しやすい時期で、

不調になると2つの神経が優位に働く場面で優位にならないなど、

切り替えがうまくいかなくなった状態になりやすくなります。**

自律神経の乱れには注意が必要で、

予防と対策として下記の2つを行うとよいと言われています。

 

 

≪朝食は必ず食べる≫

  1日3食を守ることが大切ですが、

   特に朝食は寝ている間に下がってしまった体温を*上げ、

   自律神経を整えるのに大きな役割を果たすので

   欠かさないようにしましょう**

      

  

 

≪ゆっくり長くできる運動をする≫

 自律神経を安定させるために取り入れたい運動は、

   ウォーキングや軽めのランニング、水泳など、

   ゆっくり長くできるものです。

   なかでも水泳は自律神経の働きによい刺激を与えてくれます*

       

 

 

これらを行って、春を元気に満喫しましょう*       

 

                        

                      ≪ゴールデンウィークの営業時間の案内≫

                             4/28(日)?5/1(水)休業

                   5/2(木)通常営業

                   5/3(金)?5/6(月)休業

                        ※FAXの受付はしますが、お渡しは営業時間内となります 

 

2019.04.01 (月)

カレンダー

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ますだ薬局グループホームページへ