このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

お風呂

 

    最近お風呂で湯船に浸かっていますか?

           めんどうくさいからとシャワーですましていませんか?

 

  お湯に浸かると疲れがとれてリラックスした気分になるのは、

  入浴により体に3つの物理作用が働くためです!

 

   簡単に説明すると

     1:温熱作用・・・あたたまって疲れがとれる

     2:水圧作用・・・全身の血行が良くなる

     3:浮力作用・・・体が軽くなり、体全体の緊張がほぐれる

      ということです

                                 

 1:の温熱作用にスポットを当てると、

 お湯の温度によって体に及ぼす影響は異なり

 

 あつい温度の場合:交感神経の緊張を促し、

                 シャキッと活動的になります。

 

 ぬるい温度の場合:副交感神経が働いて、

                 精神的に安らぎ、落ち着いた気分になれます。

 

 

   このように体への作用を上手に利用し、

   効果的な入浴をしてみてはいかがですか?

   

 毎日のバスタイムをもっと健康的な時間に変えましょう!

 

 

  ~イベントのお知らせ~

 

血管年齢ブログ用.jpg

 

 

2018.08.24 (金)

カレンダー

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ますだ薬局グループホームページへ